それでは聴いてください

好きなことを書いて無理やり曲紹介する

icloudの容量制限がなくなれば世界は平和になると思う

まただ。また怒られた。

iphoneバックアップに失敗

このiphoneをバックアップするのに十分なiCloudの容量がありません。”

f:id:dj_juri:20180131200452p:image 

 

設定を見てみると、「過去43週間バックアップが生成されてい」ないらしく、ストレージのほとんどを「写真と動画」が占めていたので、先日思い切って画像データのバックアップを消し、画像系のデータバックアップはGoogleフォトに一任することにした。PCからGoogleDriveにアクセスして、データが見られることを確認したので、画像&動画データのバックアップ体制は整ったし、iCloudストレージの空き容量は大幅に増えた。増えたもなにも、ストレージの9割近くが空き容量になった。だが一筋縄ではいかないのがリンゴちゃんの司るiCloudだ。なにせ、それでも容量が足りないと訴えかけてくるのだから。

 

最近、Macを使い始めたのだが、動画編集用のフォルダ(糸魚川取材の)をデスクトップに作った途端、またiCloud殿がiphoneのバックアップできねーぞゴルァと言ってきたんである。何故ですかと尋ねたら、そのデスクトップに保存したフォルダがiCloudにバックアップされているんだと。これは、どの端末からでも同じデータにアクセスできる便利な仕組みなんですと。なるほど…ってふざけるな。お主そのフォルダに何が入ってるかご存知なのか?!ビデオカメラCX-675で撮ったフルHD動画データですぞ。サイズがスマホで撮った写真の比じゃない。そらiCloudストレージも瞬殺でしょうが。

 

かくして私は、MacのデスクトップにあるデータをiCloudに自動バックアップする設定を解除した。その際、何やら意味不明なメッセージが出たが、まあ大丈夫だろうと思い、作業を続行した。

すると……

 

デスクトップからフォルダが消えた。

 

焦ってググったら、同じ事をやらかした人が記事を出していて、それによるとどうやら先ほどの意味不明なメッセージがこの現象の予告だったらしい。記事では、データが完全な形で保存してされている場所についても触れていたため、動画編集作業はすぐに再開できた。全く、余計な事をしてくれるものである。

 

しかしそれでもまだiCloudが怒る。何かと思ったら今度はストレージを「書類」がパンパンにしていた。これを解消するには、iCloud Driveをオフにすればいいらしいのだが、LINEのバックアップがここに保存されることが判明し、再びオンにせざるを得なくなった。

どーすりゃいいのもう。

 

iCloudの容量制限を無くせば世界は平和になるのに。

ユーザーたちの虹色の戦争リンゴが殺したデータの歌が(以下略)

www.youtube.com