それでは聴いてください

好きなことを書いて無理やり曲紹介する

過保護のカホコってブラジャー持ってなさそう

ドラマ『過保護のカホコ』におけるカホコの母、泉は典型的な支配型の毒親だ。

 毒親と一口に言っても、泉のように子供の自立を認めないタイプや、娘を女としてライバル視するタイプなど様々だが、どのタイプにも共通の「毒親あるある」が存在する。

それは、“年頃になってもブラジャーをつけさせない”というもの。

過保護のカホコ』で再現してみよう。

 

######

 

麦野くん「おいおいおいおいおい!お前なんだその小学生みたいな下着は!」

 

カホコ「え、だってママが、カホコは胸が小さいから普通のブラジャーつけなくていいって・・・」

 

麦野「あのな、貧乳でもブラジャーつけないと垂れるんだよ!だいたい、ちゃんとした下着身に着けさせないってそれ虐待だからな!まあ俺は親いないから自分でブリーフ買ったけどさ。とにかく、お前ももう大人なんだから下着くらい自分で買え。な?」

 

カホコ「うーん・・・そうだよね!カホコ自分でブラジャー買ってみる!でもママが・・・あっ!!」

 

麦野「ん?どうしたその顏は?また何か思いついたか?」

 

カホコ「ううん、何でもない。ちょっと待っててね。」

 

 

カホコ「あ、もしもしパパ?」

 

パパ「おう、どうしたカホコ。」

 

カホコ「あのね、2つお願いがあります。」

 

パパ「うん、なんだ?」

 

カホコ「1つめ、カホコにブラジャーを買ってください。」

 

パパ「お、おう・・・」

 

カホコ「2つめ、それとママには絶対に言わないでください。」

 

パパ「・・・よし!わかった!ママには内緒にしておく。」

 

 ~2日後~

ママ(カホコのブラを持って)「ねえカホコ。これどういうこと?」

 

カホコ「え・・・あ、あのね、カホコもそろそろ自分で下着買った方がいいかなーって。」

 

ママ「カホコにはブラジャーは必要ないって言ったよね?だいたいなんなのよ、こんな嫌らしい下着。いったい誰に見せるつもり?まさかまだ麦野君と会ってるんじゃないでしょうね?」

 

カホコ「会ってないよ。でもブラジャーつけないと胸が垂れるかもしれないから、ちゃんとしたのつけなきゃなって思って。」

 

ママ「カホコのそんなちっちゃい胸が垂れるわけないじゃない。それから、この付属のパンツだけど、あなた肌弱いんだからこんな化繊のパンツじゃ肌荒れるでしょ。もう・・・これはママが履くから。いいわね?」

 

カホコ「うるさいうるさいうるさい!!もう、カホコの意見聞いてくれないんだったら……

聴いてください、星野源で『Family Song』」

 

www.youtube.com