読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでは聴いてください

好きなことを書いて無理やり曲紹介する

富士そばは優しい

友人と富士そばに行った時のこと。

食券を持ってカウンターに行くと、白い割烹着を着たおじさんに

「そばですか?うどんですか?」

と訊かれた。私が購入した食券はカツ丼だったので、カツ丼はそばなのかうどんなのかを0.7秒程度で熟考した結果、

「えーっと、丼です。」

と答えた。カツ丼のカツの衣部分はうどんの材料と同じ小麦粉だけれども、カツはうどんではないし、言うまでもないがそばでもないと判断したためだ。そもそもカツ丼のメインは米である。

 

「そばですか?うどんですか?」

「丼です。」

「そばかうどんかって訊いてんだろうが!!馬鹿野郎!!」

という展開になるのを恐れていたが、じゃあそちらでと、丼ものカウンターへ案内されるだけで済んだ。

 

「丼(どん)です。」と小さな声で言ってしまうと、「うどんです」を「ぅどんです」と言ったように聞き間違われるのではないかいう懸念もあったが、私はアナウンサーのごとく明瞭に「どんです」と答えたため、その心配も無用だった。

 

 その後もカウンター兼調理場の前で続いていた、

「そばですか?うどんですか」

という台詞。その響きに、どうも聞き覚えがあった。

 

「事件ですか?事故ですか?」

110番通報したときのあれだ。

 以前から疑問に思っていたが、素人が事件と事故をとっさに区別することなどできるのだろうか?

 

 例えば、

①横断歩道で歩行者と大型ワゴンが接触し、歩行者が意識不明。

→これは明らかに事故。(事故に見せかけた計画的犯行である可能性は考えないものとする)

 

②自転車同士がぶつかり、2台とも横転、片方が怪我。

→これも事故。

 

③ながらスマホをしていた歩行者同士が正面衝突。二人とも無傷だが、ポケモンGoをしていた方がレアなポケモンを逃してぶち切れ、けんかに発展。

→事件?ぶつかっただけなら単なる事故であり、通報も必要なさそうだが、けんかに発展し殴り合いにまでなるとこれはもう、事件?

 

とはいえ、「事件です」の回答は素人には重過ぎると私は思っている。事故ではないなら消去法で事件と答えるしかないが、これは何とも勇気が要るものだ。

 

そもそも、事件と事故というのは境界線が曖昧だ。事件は事故であり、事故は事件である。事件に巻き込まれるという事故、事故に巻き込まれるという事件。

③の場合は、事故をきっかけに事件へ発展。(そういう無駄なことばかり考えるから仕事できないんだよ)

 

人生において、通報するという経験はそう多くはないだろうが、ゼロとも限らない。

いざ通報することになったとき、あなたは事件と事故をとっさに判断できますか?

 

それに比べれば、そばとうどんと丼の違いは明確でよろしい。材料も麺の太さも違うからだ。

そして何より、「そばですか?うどんですか?」の問いに「丼です」と第三の選択肢で答えても怒らない富士そば、優しい。

 

「そばですか?うどんですか?」

「事件です。」

これはさすがに怒られるだろうな。

 

事件は富士そばで起きてるんだ。

織田裕二withマキシ・プリーストで、「Love somebody

www.youtube.com

 

愛しの富士そば

愛しの富士そば