それでは聴いてください

好きなことを書いて無理やり曲紹介する

好きでフリーターやってるわけじゃない

誕生日が来ると、最初の職場を辞めた日のことを思い出す。

職場を辞めたといっても私の雇用先は番組制作会社で、一つの配属先を“卒業した”というのが正しいのだけど、職場が変わるのだから“辞めた”も同然なわけで。

 

2月5日付で配属先の某番組を卒業することが急に決まり、8日に片づけと挨拶に行った。2月8日はたまたま私の誕生日でもあるので、あの日は「誕生日×職場卒業」というおめでたいのかおめでたくないのかよくわからないコラボが起きて印象的だった。夜に友人二人が誕生日会を開いてくれたのだが、おめでとうとおつかれさまを同時に言われてすごく意味深だった。

 

あの日、昼くらいに出社して、同僚のいる場所から少し離れた共同卓で挨拶メールを打っていたら、一番仲の良かった同期の女の子、Nが来た。珍しくダボッとしたトレーナーを着ていて、あれかな~昨日彼氏の家に泊まって彼氏の服借りたのかな~とか勝手な想像をしていたら、「フェイスブック交換しようや。」と言われた。ちょっとだけ寂しそうな言い方。“元”仲間になるんだな、と思った。一緒に先輩の悪口を言った日があった。私が泣きわめきながら上司に反抗するのを黙って見守ってくれた時があった。明日はロケに行くからこの仕事は今日やらなきゃと、どこか嬉しそうに文句を言うNに嫉妬したこともあった。なんでなんでと思った日が続いた。それはNだけでなく同期全員に対してもだけど、とにかく嫉妬した。なんでなんでなんで…と。ホワイトボードに書かれた人繰りのメモの中に、取材に赴いた同期の名前がいくつかあって、掃除を言い訳に跡が無くなるまで何度も消した。なんで私じゃないのと、こんなふうに簡単にライバルが消えればいいのにと思いながらゴシゴシ消した。でも嫌いじゃなかった。むしろ好きだった。私はロケになど行かせてもらえず、冴えない内勤ばかりで劣等感にまみれていたけれど、彼女にとって私は対等な“同期”という戦友であり、それ以上でも以下でもなく、私が勝手に卑屈になっていただけなのかもしれない。嫉妬してごめん、憎んだりしてごめん、嫌いじゃないんだ尊敬してるんだよ、と思いながら私は、「うん。」と答えた。

 

2ヶ月後、Nは私の初ライブに来てくれた。スクール主催のボーカルライブだ。最初に誘った時は、来るのか来ないのか微妙な反応で、「出たw大阪人の『行けたら行く』じゃん絶対来ないやつだ」と思っていたら前日に私の入り時間を尋ねてきて、「わかった。じゃあ適当に行くなぁ」と。私の場合、適当な時間に行こうとするとどうしても出遅れてしまい、更に道に迷うなど散々なことになるが、流石は仕事のできる彼女のこと、時間通りに到着して、動画まで撮ったそうな。よくできたADだよ。

自分の出番が終了した後、ドリンクカウンターの前でNの姿を見つけた。Nは、やけにこなれた様子でドリンクを片手に、関西訛りで「うまいな。」と言った。学生時代にバンドをやっていたというのは本当なんだなと、その振る舞いだけで実感した。べつに疑っていたわけではないのだけど。なるほど、こういう顔つきで楽器弾いてそうだなと。

同じ仕事をしていて、同じ音楽経験があるNの「うまいな」は、他の友人たちの「よかったよー」とは重みが違った。大げさに表現するなら、オリンピック金メダル選手が銀メダル選手を賞賛する時みたいな言い方だった。Nの担当はキーボードボーカルとギターボーカルらしい。つまり私と同じ、歌う人なのだ。あの言い方を聞いた時、私は仕事では完敗したけど音楽では対等になれたのかしらと思った。

ちなみに現在、Nは仕事の傍でバンド活動をしている。音楽の方向性も、持っている素質も全く違うものの、やっぱりライバルはいつまでもライバルだ。ブログも始めたと言うし。ただ、仕事をしながらの音楽活動は体力的にも精神的にもかなり厳しいことを私もよく知っているし、その点は頭が上がらない。

 

この出来過ぎたADガール、Nへこの曲を。

ドラマ『Nのために』主題歌、家入レオで「silly」

www.youtube.com

あの後私は、一度別部署に異動したが、音楽活動に重きを置くために雇用元の制作会社を辞めた。現在は時給制の事務職に就いている。休みが取り易く、定時退社は当たり前。余った時間と体力は自身の活動に費やす。人並みに稼ぎながら活動に専念するという理想のスタイルは確立できたけれども、自分のツイッターを遡っていたときに見つけた、「辞めたらいまの仕事のこと1日に50回くらい思い出すんだろうな。」というAD時代の呟きは、たしかに現実になった。

 

 

f:id:dj_juri:20180208180147p:image

【変更あり】3/8~3/10に舞台出演します

舞台出演が決まりました。ライブじゃなくて演劇の。

 

劇団Narr第四回公演「スタンド by Me」

キャストはA、B、Cの3チームありますが、私の所属するCチームの日時のみ掲載します。

◆3月8日(木)

19:00~(開場18:30~)

 

◆3月9日(金)

16:00〜(開場17:30~)

19:00〜(開場18:30〜)⇦New

 

◆3月10日(土)千秋楽

13:00~(開場12:30~)

 

※10日19:00〜は無くなりました。

※開場は開演の30分前です。

 

<会場>

NAKANO F(中野エフ)

アクセスはこちら→NAKANO F

JR中野駅北口より徒歩5分

アーケードの商店街あるじゃないですか、入ってパン屋さんまで来たら右に曲がってアーケード抜けます。そうすると小さくて雰囲気の良い居酒屋的なお店が並んでるんですが、そこを歩いてナントカ医院みたいな病院の手前で左折すればすぐです。地図読めない私でもたどり着けたので皆さん多分大丈夫!

 

<チケット>

予約 ¥3,000

当日 ¥3,500

学割(高校生以下・要学生証提示)¥2,500

※予約チケットの枚数制限やキャンセル料などは特にございませんので、「行けるかわからないけど行きたい…」という方もお気軽にご連絡ください。私の直接の連絡先を知らない方はtwitter(@juri_ssw)に@ツイートを送ってください。DMでご連絡いたします。

icloudの容量制限がなくなれば世界は平和になると思う

まただ。また怒られた。

iphoneバックアップに失敗

このiphoneをバックアップするのに十分なiCloudの容量がありません。”

f:id:dj_juri:20180131200452p:image 

 

設定を見てみると、「過去43週間バックアップが生成されてい」ないらしく、ストレージのほとんどを「写真と動画」が占めていたので、先日思い切って画像データのバックアップを消し、画像系のデータバックアップはGoogleフォトに一任することにした。PCからGoogleDriveにアクセスして、データが見られることを確認したので、画像&動画データのバックアップ体制は整ったし、iCloudストレージの空き容量は大幅に増えた。増えたもなにも、ストレージの9割近くが空き容量になった。だが一筋縄ではいかないのがリンゴちゃんの司るiCloudだ。なにせ、それでも容量が足りないと訴えかけてくるのだから。

 

最近、Macを使い始めたのだが、動画編集用のフォルダ(糸魚川取材の)をデスクトップに作った途端、またiCloud殿がiphoneのバックアップできねーぞゴルァと言ってきたんである。何故ですかと尋ねたら、そのデスクトップに保存したフォルダがiCloudにバックアップされているんだと。これは、どの端末からでも同じデータにアクセスできる便利な仕組みなんですと。なるほど…ってふざけるな。お主そのフォルダに何が入ってるかご存知なのか?!ビデオカメラCX-675で撮ったフルHD動画データですぞ。サイズがスマホで撮った写真の比じゃない。そらiCloudストレージも瞬殺でしょうが。

 

かくして私は、MacのデスクトップにあるデータをiCloudに自動バックアップする設定を解除した。その際、何やら意味不明なメッセージが出たが、まあ大丈夫だろうと思い、作業を続行した。

すると……

 

デスクトップからフォルダが消えた。

 

焦ってググったら、同じ事をやらかした人が記事を出していて、それによるとどうやら先ほどの意味不明なメッセージがこの現象の予告だったらしい。記事では、データが完全な形で保存してされている場所についても触れていたため、動画編集作業はすぐに再開できた。全く、余計な事をしてくれるものである。

 

しかしそれでもまだiCloudが怒る。何かと思ったら今度はストレージを「書類」がパンパンにしていた。これを解消するには、iCloud Driveをオフにすればいいらしいのだが、LINEのバックアップがここに保存されることが判明し、再びオンにせざるを得なくなった。

どーすりゃいいのもう。

 

iCloudの容量制限を無くせば世界は平和になるのに。

ユーザーたちの虹色の戦争リンゴが殺したデータの歌が(以下略)

www.youtube.com

2/3(土)企画ライブ『歌力発電所-音楽をエネルギーに-』を主催します

諸事情あって告知遅れました。私が主催するライブのお知らせです。

 

JuRi presents.『歌力発電所-音楽をエネルギーに-』

2月3日(土)

<場所>代々木Barbara

 アクセス→ライブハウス代々木Barbara(バーバラ)

<Open> 11:45~

<Start>  12:00~(14:30頃終了)

<チケット>前売り¥2,500/当日3,000(1drink別)

 

【出演】

12:00~12:25 へっぽこドラ丸(※マジック)

12:30~12:55 山田けいと

13:00~13:25 RiN

13:30~14:20 JuRi

 

【予定セットリスト】(順不同)*はオリジナル

*リアルシンデレラ

*8月の残像

*ロンリー論理

*カンランシャ

*default

卒業論文

Moments/浜崎あゆみ

ダンシングヒーローEat you up)/荻野目洋子

異邦人/久保田早紀

さくら(独唱)森山直太郎

 

【備考】

*ご覧のとおり、私JuRiは1時間歌いますが、皆さまは適宜休憩をお取りください。そして応援お願い致しますマジで!!

*しょっぱなのへっぽこドラ丸くんはマジシャンです。ボーカルスクールで知り合った方なので、歌も歌えるのですが、せっかくなので本業のマジックで出演をお願いしました。

*ちなみにイベントタイトルを当初『歌力発電所、再稼働~音楽のメルトダウン』にするつもりだったのですが、共同企画者の佐々木パイセンにそれはちょっとまずいだろと怒られたので、何とかしてポジティブな方向にチェンジしました。

 

才能、被爆してください(爆)

LikeとLoveの関係を図で表してみた

LikeとLoveの関係、といっても諸説あるので3パターン作ってみた。

 

f:id:dj_juri:20180119152022j:plain

Likeを極めるとLoveになる。境目は曖昧。

 

 

f:id:dj_juri:20180119152037j:plain

LikeとLoveは別物。Likeのゴールは友達。

 

 

f:id:dj_juri:20180119151957j:plain

LikeとLoveは別物だけど力次第で壁を壊すこともできる。

 

 

レミオロメンの『粉雪』を貼りたくなる流れを作ってしまったが、このあまりにも分かりやすすぎる壁の概念を用いたPVを見てほしい。GReeeeNで『愛唄』。

www.youtube.com

緑茶のティーバッグで被害妄想する回

緑茶を飲もうとしたらテーバッグのパックがこんな風になりまして、

 

(再現)

f:id:dj_juri:20180117121612j:image

『ここからおあけ下さい』という、誰もが平等に与えられた入口を見事に塞いでしまっている。生まれたときから負け組とはこのことか。

 

別のところから開けようとするも、パックが伸びるだけで開く気配はない。

f:id:dj_juri:20180117121650j:image

 

「なにやってんのww不器用だねwwww」

 

という声が聞こえる。第一印象が大切、とはこのことか。

いや、たまたまだよ。基本的には細かい作業得意なんだよ。これだけで勝手なイメージ持たないでよ…

 

せめて1ミリか2ミリでも切込みが入れられれば開きそうなのに…その切込みが入れられないから行き詰っているわけで。

仕方ない、ハサミを使おう。すいません、ハサミ借してください!

 

「ハサミの使用はご遠慮いただいております。規則ですので。」

「でも、はさみ使えばすぐ解決しますよ、ほら!」

「…皆さん同じ条件でやっていただいてますので。」

 

頼む相手を間違えたわ。友達に借りようかな。

 

「あ~なるほどね…でも、はさみ持ってないんだ。力になれなくてごめんね!」

 

分かってくれただけでもありがとう。自分で手に入れるしかなさそうだな。

でもお金がない。

 

それから数年後、社会人になり、ようやく自分のお金ではさみを買うことができた。

f:id:dj_juri:20180117121820j:image

 f:id:dj_juri:20180117122010j:image

 

遠かった 遠かった~でも・・・お茶おいしい

www.youtube.com

“これでもまだ悪くはないよね”

ブルゾンちえみはお笑いタレントなのか

 この記事を読んだ。概ね同意するが、ブルゾンちえみに関しては思うところがあったので一ファンとして持論を書いていく。

azanaerunawano5to4.hatenablog.com

 

そもそもブルゾンちえみのネタは、過剰な化粧をしたブルゾンちえみが男を二人従え、いい女風に「新しいガム、欲しくない?」と言い放つ。
この仕草とルックス、そのギャップに笑いが生まれているのはとても重要な要素。

 

→ルックスといっても、ブルゾンちえみの場合は顔面偏差値のような縦軸だけではなく、顔立ちの種類、つまり横軸がポイントなのではないかと思う。彼女の売りの一つに「アメリカかぶれ要素」が挙げられるが、見た目も中身も育ちも日本人である彼女が「アメリカらしさ」をインストールし、リアルに体現しているところにギャップや斬新さがある。女性なら更に憧れも感じる。メイクの技術と、「女に生まれたワタシ」を惜しみなく全開にしていく姿勢に対してだ。日本人女性を縛り付ける大和撫子像をさりげなく蹴り飛ばしてくれるような爽快さ、いや豪快さと言った方が相応しいだろうか。

ありのままの自分を全開にする姿勢は、メイクにも表れている。最大の特徴は、太いアイラインを引いた目。パッと見は分かりにくいが、完全に一重である。ネットで一重の女性が上げているメイク動画の大半は、アイプチやアイテープ等で二重を作って、別人のような顔に仕上げるのが主流だが、ブルゾンメイクは元の顔立ちを上手く活かしている。あのエキゾチックな目は、むしろ一重でないと再現できない。もっとも、ブルゾンちえみの顏になりたいかと問われてイエスと答える女性が多いとは決して思えないが、アジアンビューティーを活かすメイクとしては技術的にも結構参考になる。

 

笑いは多元的。
(中略)
ブルゾンのネタには、音ネタ的な側面もある。
(中略)
笑いの構成要素は多面的であり、複合的。

 笑いだけではなく、お笑いタレントのあり方自体も多元的だと思う。お笑いタレントは「芸人」とも呼ばれるが、文字通り受け取れば「芸をする人」であり、その「芸」は人を笑わせることだけに限らない。本人の特技を以て初めて成立するコントも多い。アキラ100%のお盆返し、ゆりやんレトリィバァのピアノ、にゃんこスターの縄跳び等々…これらはどれも、技術が高いほど笑いが取れるし、笑いと共に歓声も生まれる。お笑いタレントであれば笑いを取ることが本来はメインだが、笑いより歓声を多く取るコントも新しい芸の形として存在可能だし、ブルゾンちえみはそのタイプなのではないだろうか。実際、『35億』の動画コメント欄に書かれていた内容のほとんどが、「なんだか中毒になる」と「おもしろくない」に二極化していたことも、ブルゾンちえみのコントは笑いがメインではないことを裏付けている。本人は笑いを取るつもりだったかもしれないが(おそらくそうだろうが)、少なくとも世間はネタの内容以外で惹きつけられている。では、ネタ以外の部分とは何なのかというと、前述したとおり日本人女性がひそかに憧れるアメリカナイズされた女性像(メイクも含む)と、彼女の色っぽい声である。そのカッコよさとエロさを最大限にプロデュースしているのが、BGMで使われている『Dirty Work』で、これがまたグルーヴ感といいテンポといい、妙な中毒性を持っている。カッコいい、エロい、ノっちゃう、この3拍子が生み出すのは「いいぞブルゾン!もっとやれ!!」という歓声である。

私はブルゾンちえみが大好きだが、実はあまりネタで笑ったことがない。「面白い」という言葉は日本語では一つだが、彼女の面白さを英語で表すなら「funny」ではなく「interesting」ではないかと思うし、お笑いという枠を取っ払って評価するなら、「cool」という表現が私には一番しっくりくる。とはいえ、最初のうちは「お笑いなんだから笑わなきゃ…」という先入観に囚われ、歓声を強制的に笑いに昇華していたこともあった。他のファンの方々はどうなのだろう。ネタの動画に書かれた肯定的なコメントを見る限りでは、ネタそのものより立ち振る舞いや本人自身への賞賛の方が見受けられるけれど、純粋に笑えるファンはどのくらいいるのだろうか。

 

というか、ブルゾンちえみはそもそも「お笑いタレント」なのか。

個人的には一種の「パフォーマー」だと思うけれど。

 

今度はこの曲でやってほしいな。

Selena Gomez&The Sceneで『Love You Like A Love Song』

www.youtube.com